EXPERT PROGRAM

精神科専門医研修プログラム 専攻医募集案内

卒後3年目以降の精神科後期研修より精神保健指定医・日本精神神経学会専門医取得を目指せます。
他科からの精神科への転科をされる先生方も歓迎いたします。

精神科領域専門研修プログラム

プログラムの特徴

本施設群は、研修基幹施設三枚橋病院(医療法人赤城会)と埼玉医科大学国際医療センター、赤城病院(医療法人高柳会)の3つの施設で構成されています。

基幹施設となる三枚橋病院は、昭和41年の設立当初から最小限の行動制限のもと精神科医療を実践してきました。

平成24年8月の病院新本館の稼働に合わせ、閉鎖病棟の運用を開始するとともに、群馬県立精神医療センターに次ぎ県内で二施設目、民間病院としては初となる精神科救急病棟(スーパー救急病棟)を開設し、地域の三次救急医療を担っています。
スーパー救急病棟は全室個室の58床となっており、隔離室、準隔離室のほか、ナースステーション内の観察室には医療用ガス配管を備え、CT、X-p検査のほか、血液検査も院内で実施できる環境を整え、一部身体合併症への対応も可能な人員・設備体制となっています。

専攻医は指導医のもと、1年目は救急・急性期の入院患者の主治医となり、多職種からなる医療チームとともに診療に当たる中で、必要な生活歴・現病歴を聴取し、症状・状態像を捉え、画像検査、心理検査等を選択・実施し、結果を踏まえて適正な診断に至り、治療戦略を立て実践する技能を体得することができます。
並行して、クルズス等の教育プログラムを通じて、精神保健福祉法を始めとした法律や各精神疾患に関する知識、薬物療法、心理療法、作業療法など各種治療法の基本を習得することができます。
2年目以降の研修では、慢性期の入院患者を担当することで、維持期における薬物療法の適正化のほか、再発予防やリハビリテーションについても研鑽を積むことが可能です。

当院では、新規開発薬の臨床治験や、自主臨床試験ほか臨床研究にも積極的に取り組んでおり、専攻医の意向次第ではこれらにも参加することが可能です。また、精神科は民間単科病院の病床数が多い実情がある中で、地域の総合病院やクリニック・診療所などとの医療連携についても経験を積むことができます。指導医には一般病院連携精神医学の専門医も在籍しているほか、本プログラムは連携する医療機関において、専攻医の希望に応じてがん患者に対する心のケアや身体合併症など、総合的な精神医学の研修を行うことができます。

※当専門医研修プログラムへの採用後、研修施設群のいずれかとの施設と雇用契約を結ぶこととなります。

募集要項

応募資格

・医師免許取得後、2年間の初期臨床研修を修了した方または、修了見込みの方

募集人数

3名

募集期間

2020年7月1日 ~ 2020年9月30日

選考方法

一次選考は、書類選考にて行います
二次選考は、面接にて行います

提出書類

・履歴書(写真貼付)
・医師免許証

プログラム名

三枚橋病院 精神科専門医研修プログラム

責任者

花岡 直木(副院長)

連携施設名

埼玉医科大学国際医療センター
医療法人高柳会 赤城病院

プログラム冊子

(2021年度募集)三枚橋病院 精神科専門医研修プログラム(PDF)

募集条件

  • 1. 研修期間 3年間
  • 2. 雇用形態 常勤医師(正職員)として採用します。
  • 3. 勤務日数 原則、週5日
  • 4. 勤務時間 9:00~18:00
  • 5. その他 月4回程度の当直勤務(指導医の併直/バックアップあり)

処遇等

  • 1. 給 与 基本給 80万円~(定期昇給制)(※当院規程に基づき、経験等考慮し決定します)
  • 2. 諸手当 日当直手当、通勤手当、扶養手当、住居手当 他
  • 3. 賞 与 あり
  • 4. 保険等 健康保険・厚生年金・雇用保険等
  • 5. 退職金 勤続4年以上の勤務者へ支給します

採用情報に関するお問い合わせ

医療法人赤城会 三枚橋病院(採用担当:総務課 奈良 宛)
〒373-0054 群馬県太田市長手町1744番地